3次建売物件の新着情報!建物の進行具合

まだまだ寒い日が続きますが、富士桜高原では寒さに負けず営業しております。3次の建売物件も大工さんの頑張りで建物の姿が見えて参りました。2×4工法の特徴である「壁面」で建物を支えるため、壁全体をクレーンで吊るして基礎と合体させていきます。さすが職人技といいますか、ぴったりとはまっております。3次建売物件は6次建売物件と若干間取りが異なるため、違った雰囲気を楽しむ事ができます。DSCF1595DSCF1597DSCF1598

▲ページの先頭へ