施工レポート・新築建売日記~第11次分譲地ドーマー付プレーンカントリーハウス編~②

 

 

こちらの建売の現場も現在、配筋が終わり、コンクリート打設手前まできています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎の耐久性は、この部分が大きく影響します。

 

 

 

 

 

この【かぶり厚】とは鉄筋とコンクリートの間にある程度の隙間を造ることで、厚みがあるほどコンクリート本体が

 

劣化しなくなります。

 

劣化してくると、内部の鉄筋が腐食し、基礎の強度・耐久性が落ちてきます。

 

だから、この【かぶり厚】は必ずチェックしなくてはならないポイントの一つです。

 

 

いつまでも長く美しい別荘をお使いになるために小さいことですが、大きな隙間です。

 

 

 

 

 

▲ページの先頭へ