当社施工の山荘工事レポート:骨組み・富士山

当社で施工させていただいておりますS山荘の工事レポートは、今回は「骨組み」です。※画像をクリックすると画像が大きくなります。柱と梁(横架材)の骨組みは金物により堅固に固定され、地震時における結合部の脱落を防止します。壁下地には全面に耐力合板を貼っています。日本古来の「軸組工法」と、地震に強い「2×4工法」の利点を併せ持たせ、増改築が容易な耐震性の高い構造となっております。

浴室まどから眺める富士山は雄大そのものです。

リビングルームの勾配天井には幅1mのトップライト、昼には明るい日差しを取り入れ、夜にはリビングに居ながらにして星を見る事も出来ます。リビングから眺める富士山。フルオープンサッシを使用し、すべてを開けると幅3.4m、高さ2.2mの富士を収めた額縁があらわれます….

▲ページの先頭へ