富士桜10次12-10号地モデルハウス建て方②

新年あけましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い致します。

 

年も明け、昨年に続き『建て方』からの作業となります。

1F部までは昨年終わってましたので、2F部から2017年はスタートしました。

 

1000

 

ここまでくると建物全体がはっきり見えてきますね。

 

 

 

 

1002

 

こちらは、『羽子板ボルト』と呼ばれる金物接合剤です。

木造建物において最も多く使用される金物の一つです。

梁がずれたり脱落するのを防ぐために必要不可欠な金物です。

形が羽子板に似ていたため、この呼び名がついたと言われています。

 

羽子板と言ったら昔からの女の子の遊びであり、無病息災の意味も

もっているとのことです。羽子板の羽の玉は゜むくろじ゜という木の

種で出来ています。漢字では『無患子』と書くらしいです。子供が患わ

ないという意味が込められているそうです。

 

子供ではありませんが、現場に関る全ての関係者が今年一年健康で

事故・ケガなく竣工できるよう一生懸命頑張っていきますので。

 

▲ページの先頭へ