富士山の天然水「ふじざくら」命水~⑤

 こんにちは、8月に入り夏も本番ですね。

毎日猛暑が続いていますが、夏バテにならないようにしっかり水分補給をしてください!!

 

 さて、今回も「ふじざくら命水」に関する情報をご紹介していきます!

 

 前回の記事では、ふじざくら命水の工場が設立されるまでをご紹介させて頂きましたが、

今回、第5回目は、ふじざくら命水の製造過程をご紹介します。

 

 前回も少しお話させていただきましたが、「ふじざくら命水」の工場は、富士山北麓、標高1,000mの富士箱根伊豆国立公園の中にあり、

雄大な富士山の麓、地下150mより原水を採水しております。

 

 採水された天然水は、3段階の微細フィルターでろ過され、高温で殺菌しております。

クリーンルーム内で管理された全自動充換気により工場内にはろ過されたクリーンなエアーを送り込み、徹底した衛生管理を行っています。

 

 お客様に安心して水の供給をできるように、定期的に第三者機関にも水質検査を依頼してたり、

工場内の水質検査室で行われる検査に合格したもののみ出荷しております。

 

 徹底した安全な検査を行ってきた結果、「ISO2200」という安全な食品を生産・流通・販売する国際標準企画の食品安全マネジメントシステムを取得させて頂きました!

 

 次回は、ふじざくら命水が出荷されるまでの過程をご紹介します!

 今回、皆様にお話ししました、ふじざくら命水の製造過程から、どのように出荷されているのでしょうか?

 

 次回もお楽しみに!!

 

▲ページの先頭へ