施工レポート・新築建売日記~第11次分譲地ドーマー付プレーンカントリーハウス編~③

 

久しぶりになってしまいました…

 

3月になり例年より雪どけが早く、建築も順調に行っています。

そして今回から、『建設課・神宮司』が施工レポートをお送りします。

 

2月中旬に建方を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、建物の基礎に土台をまわし駆体を組み上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25tラフターで木材を運び、職人の手によって作業は行われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建て方が終わり、外壁下地を張り、屋根を作成し室内工事へと進んでいきます。

 

ちなみに…

建物建築中に『建方』たてかた・『上棟』じょうとう と言う言葉を耳にしますが、

実は同じ意味で地方によって呼び名が変わるのです!

 

特に富士桜高原では、『建方』と呼ぶのが多い気がします。←神宮司の独断と偏見です。

 

実際に調べてみると、ほかにも呼び名がいくつかあるのでご紹介いたします。

『建前』たてまえ『棟上げ』むねあげ『建舞』たてまい とも呼ぶそうです。

 

 

建方しているときに、きれいに富士山が見えていました。

大きなドーマーから見る富士山も早く見てみたいです。

 

 

 

 

 

 

▲ページの先頭へ