富士山の天然水「ふじざくら」命水~②

こんにちは、「ふじざくら命水」に関する情報をより多くの方々に知って頂く為に、定期的に皆様にお伝えしていきます。

 

さてさて、第2回目の今回は、命水の始まりとなる水脈を掘り当てた話です。

 

「不毛の地」と呼ばれた富士山麓地域にて、地質調査員によって北麓一帯に水脈がある事を発見しました。

 

だが、苦労はこれから始まるのでした・・・

 

水脈を掘り当てる作業は幾度となく失敗して、苦労の積み重ねでした。

しかし、当時の社員たちは、何度失敗しても怯みませんでした。

標高1,200メートルの地点で鳴沢村以外の計4つの村で協力してもらったそうです。

 

「1959年10月14日」ついに水が出ました。

テストボーリングしていた河口湖町小立地区の深度57メートルから富士山の水が湧き出しました。

しかし、水を確保したからと言って喜べません。

次のステップの別荘地内やゴルフ場に運ばなければなりません。

 

次回は、どのようにして水を運び使用されるまでの経緯をご紹介します!

お楽しみに!

 

▲ページの先頭へ